Life is Magnificent!!

Africaでの華麗なる日常の素晴らしさを皆様へお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Gyosaを作ってみた。

たまに『日本食が恋しくならないの?』とか聞かれることがる。
私自身はぜんぜん日本食を食べたいとは思わないので特に問題ないのだが、現地の人たちによく日本食を作ってくれといわれる。
もちろん日本にいる間に日本食をある程度作っていれば要領がわかるのだが、私の場合は基本的に料理を作っていなかったので私自身の狂った味覚と見ためから判断してフィーリングで作るハメになる。

さて、今日も日本食のリクエストがあった。しかも日本で撮ったある写真にGyosaが写っていてこれは何だ?と聞かれて『GYO-ZA』と説明した所、作ってくれと言われてしまった。
仕方がないのでネットカフェに行ったついでに南アフリカ資本の大型ショッピングセンター、ショップライトによって材料を調達する。
ニラがあれば最高なのだがそんなもんはもちろんココにはない。leekはあるかい? と店員に聞いたらネギを持ってきてくれた。まぁ確かに英語ではネギもleekなのだが・・・。
それと本当はポークのミンチが良かったのだがそれもない。こちらも仕方が無いのでZAMビーフのミンチを使う事に。
そしてニンニク様が以上に高い・・・。なんと一塊が9800クワチャもする。でもニンニク様がないとGyosaっぽくならんのでこれも仕方なく買う。
そしてちょっぴり怪しげな中国公司的醤油も購入。

さて材料を買ってきてこんなかんじ↓

P3.jpg


まずはGyosaスキンの製作に専念する。
Gyosaスキンについて私が持っている知識は、
・フラワーと水がいること。
・フラワーと水をミックスしてコネた物体は耳たぶくらいの硬さがよい。

という事だけである。
とりあえず、ボールにフラワーを入れてコネコネして耳たぶくらいの硬さにしてみる。
自分の耳たぶ堅さをチェックしながらこんなもんかという感じでコネてみる。
ココで一つ新たなマイセルフチックな歴史的大発見が・・・。左の耳たぶと右の耳たぶの硬さがぜんぜん違う!。ココは右利きの私に倣って右耳たぶの硬さにコネた物体をチューンする。
なんとなく出来上がった生地を今度は延ばす。だが麺棒があれへん。。。
代用できそうなものを探す。最初はZambian的クッキングスティック、ムインコの柄で延ばしてみたが細すぎてうまくいかない。
色々と探して結局コップを使うことに。これが結構使い勝手がよい。
だいたい1.23mmくらいの厚さでGyosaスキンを統一する。

P4.jpg


Gyosaスキンをあの日本で市販されている丸い形に出来ればいいのだがそんな事をしている時間はないのでいびつなスクウェアやらトライアングルな形に適当に裁断する。

次に中の具だが、買ってきたネギを千切りにしてZAMビーフミンチに混ぜる。ちょこっとだけ塩と隠し味にロングライフミルクを2滴こぼしてコネコネする。最後にニンニクを千切りならぬ億切りくらいにして〔ニンニクを摩り下ろすものがここらにはあれへん〕さらにコネコネする。

いびつな形のGyozaスキンに具を載せて水をボンドの代わりにして包む。
Gyosaスキンの形が様々なので、ある程度包んだ後で延ばしたり縮めたり曲げたりいじくってGyosaっぽい形にトランスフォームさせる。

ココまでの作業時間は1時間10分。
あとは焼くだけ。ただ日本のようにガスコンロではなく電気コンロのためヒートアップ率がとても良くない。しかもフライパンが無いので普通のなべで焼くことに・・・。

P1.jpg


案の定、熱伝導の計算予測がお見事に外れて半分焦げた揚げGyosaのようになってしまった。でもどっちにせよ現地人たちは初めて食べる物。味とかを知らないはずなので『いやぁ~こんなもんで大丈夫よん♪ いい感じに焼けたわ。うふっ』と笑って誤魔化しておく。

P2.jpg


これに買ってきた中国公司的醤油をつけて食べてみる。はっきりいってめちゃ不味い。学校給食で出たあのミョーな揚げGyosaの方がよほどおいしいと思えるような味である。
しかもこの中国公社的醤油、よくみたら製造年月が06年!?・・なんか醤油が酸化したような味がするんですけど・・・・。

しかしアフリカの方々はうまいとか言って大量に食べてくれて、みんな大満足な様子。
とりあえず良かったのか・・。

にしてもGyosaも壱から作ると大変なことが分かった。

追記:2日後に近くのSPAR SUPERでGyosaではないが春巻きスキンが売られていた!。生地をコネコネしてた私の時間を返してん。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。