Life is Magnificent!!

Africaでの華麗なる日常の素晴らしさを皆様へお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Barberhopの恐怖

私は生まれてこのかたボウズにした事がなかった。
しかし先週ついにボウスになってしまった。

ところでアフリカの人たちは髪の毛の質が日本人と全然違うのでそれに伴ってバーバーショップの設備も異なる。それと男性用床屋と女性用サルーンはしっかり分けられていて男性用床屋となると設備は丸イスとバリカンとチテンゲ〔アフリカ式大型風呂敷〕のみ。

実は私の髪の毛を切ることができる床屋を探すのに相当苦労していた。現地の法人の友達に聞いたら市内に一つだけ男性も受け入れるサルーンがあるよと教えてくれた。でそこに行ったら散髪料が非常に高い。Zambiaの男性用床屋の相場は3000~4000クワチャだがこのサルーンでは60000クワチャもすると言われた。さすがに60000クワチャは高いと思ったのでとりあえず他の床屋を探してみる事にした。

↓とある現地の床屋
ber.jpg

で先週、ある床屋のおっさんが外で油売りをしていたので「僕の髪の毛を切れるかい?」と聞いてみた。そしたら「あたりまえがさな。それが僕のビジネスなんだから!」と自信たっぷりに答えてくれたので切ってもらうことにした。
まるイスに座って肩から下をチテンゲで覆われる。ココまではまぁ日本の床屋とさほど変わりがない。ただ一つ不安要素が・・・。ハサミとかくしとかが何処にもない。

床屋:「どんな髪型にしますかい。だんな。」
私: 「三ヶ月前の髪型にして」
床屋:「ウィっス」

で次の瞬間バリカンの作動音が聴こえたと思ったらいきなり前髪の真ん中からブイーンと逆モヒカンに・・・。はっきり行って言葉を失った。
おいっ。ハサミを使えっ!!と思ったのだが言葉を失っている間にほぼボウズに・・・。

私: 「あの~。ハサミは無いんですか?」
床屋:「ハサミ? バリカンの1cmので仕上げました。なかなか決まってますぜ。だんな。」

という事でものの3分で散髪終了。
3500クワチャを支払ってもう一度鏡を見ると本当に自分でもキモイ。

↓私の顔知ってる人はこの髪型を私に当てはめてみて下さい。
ber1.jpg

まぁ少なくとも1年くらいは散髪をしなくてもいいか。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

笑える。

TaMaSaのMaSaです。
時々拝見して楽しんでます。
顔を知ってるので髪型を当てはめて想像してみたら、超笑えた!

TaMaSa | URL | 2009-12-28(Mon)07:32 [編集]


Re: 笑える。

TaMaSaさん

コメントありがとうございます。Masomi関連の人というのは分かりましたが、ちょっと誰だかわかりません。mitsuru09j.privateアットマークジーメイルドットコムにご連絡いただけると助かります。

mitsuru09j | URL | 2010-01-07(Thu)13:43 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。