Life is Magnificent!!

Africaでの華麗なる日常の素晴らしさを皆様へお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

停電でもおいしいコーヒーを数分で淹れる方法

すこし前の記事でもお知らせしたように、水力発電に頼ってるザンビアの電力会社は今年の水不足から国内に十分な量の電力を発電できず乾季まっさかりの現在、定期計画停電は先月の一日/5時間から一日/8時間に変更された。リビングストンはザンベジ川が近いのでマシな方でルサカなどの一部地域では停電が一日/12時間もつづくこともあると聞いている。

先週わたしもついに180VAインバーターを買ってきた。車のバッテリーに接続すれば、デスクトップ一台、ネットワーク機器、11Wの電球型蛍光灯を2個点灯させ、少なくとも書斎周りは停電中でも何とか仕事が出来るようになった。しかしながら電力を大量に消費する電熱系の家電はもちろん使えない。ザンビアではガスがライフラインとして整備されていないのですべて電気を使う。湯沸かし器、コンロなども電気を利用するため停電となると料理等はもちろん出来なくなる。ザンビアンは電気がないとブレジアと呼ばれる七輪のようなコンロと炭で火を熾しそれで料理を作ったりするわけだが、もちろん炭火を準備するのは手間も掛かるし時間も掛かる。特に朝起きて暖かい飲み物がほしい時に停電していたりとか停電中に仕事しててうわぁ~コーヒーが飲みたいぃーとか思っても炭火を熾すのはめんどくさい事極まりない。

そこで簡単なDIYで特に金も掛けずにコーヒーを淹れられる方法をご紹介。

いる物は以下の通り。
-サバイバルナイフ
-はさみ
-アルミの空き缶
-薬局で売ってるエタノール
-マッチ、又はライター

まず空き缶の上面(飲み口)をナイフでキコキコと切り取り除く。その次にナイフとハサミで空き缶を真っ二つに切る。二つの部位の高さは大体同じになるように調節しておく。続いて空き缶の上半分の部分に、ナイフを押し付けて空き缶の側面にちゃんと上から下まで凹凸をつけていく。大体1cmくらいの間隔で。このプロセスはナイフが滑って手を切りやすいので注意。
t4.jpg

空き缶の上半分のピースに凸凹が出来るとクッキーの型のようになっているはず。その後、空き缶の上のピースが下側のピースの内側に入るように合体させる。続いて空き缶上部のアングルがついた部分にナイフをキリのようにして穴を空ける。これは空気穴で火力がほしければいくつも空けると良い。今回は4つほどの穴を同じ間隔を保ってあける。これで即席コンロの完成である。
t3.jpg

エタノール(ザンビアではスピリットとしてどこにでも安価に売られている)を空き缶コンロの中、半分よりちょっと下くらいまで注ぐ。
マッチで火をつける。”ボフッtウ” という音ともに点火するので、空き缶コンロの中央のみならず横からも火を噴くまで数秒待つ。横から青っぽい炎があがれば準備完了。後は鍋なりを空き缶コンロの上に置くだけ。今回はコーヒーを淹れるためにモカエキスプレスポッド(マキネッタ)を使う。
t2.jpg

モカエキスプレスポッドを空き缶コンロにかけること4分10秒、沸騰が始まりボイラーで1.8気圧ほどに加圧された湯がいっきにサイフォン、フィルタリングされ無事コーヒーが出来る。
t1.jpg

この空き缶コンロ、再利用は十分可能で、何度でも使えるしあまったエタノールはまたビンに戻して置けばよい。結構重い鍋、水一リットルくらいでも時間は少々かかるが余裕で沸騰する。ということで定期計画停電中でも暖かいのみ物を早く簡単に作ることができるのでザンビア在住者で停電中なにもすることがない!という方、是非この空き缶コンロをDIYしてみるのはどうだろう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。