Life is Magnificent!!

Africaでの華麗なる日常の素晴らしさを皆様へお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ザンビア鉄道・寝台列車300マイルの旅(リビングストン駅~ルサカ駅)

ザンビアで鉄道といえばほぼ全ての人が国内最悪の移動手段というイメージを持っている。そこでこのような事態を考慮した前サタ政権はザンビア鉄道を半国有にし、新たにザンビア鉄道公社(通称ZRL)を発足させたのだが残念ながらサタ大統領のご逝去に伴い当初のザンビア鉄道大改造計画は頓挫。しかしながらザンビア鉄道のネガティブイメージ払拭と威信をかけ今年2015年1月よりその名も "ゴールデン・ジュビリー・エクスプレス号" という寝台列車をリビングストンとルサカ間に投入した。

先週、取引先のZamtelとの技術研修がルサカであったのでブログネタにする事も念頭にこの"ゴールデン・ジュビリー・エクスプレス号"を利用してきた。結論から申せばザンビアにしては素晴らし過ぎるクォリティであった。

ということで世界の車窓風に写真で50枚たっぷりとこのザンビア寝台列車の魅力をご紹介!

まずは始発駅のザンビア鉄道リビングストン駅から。ザンビア鉄道はローデシア時代の建設開通を経て社会主義寄りな政権を推し進めたカウンダ大統領時代に近代的な整備がなされた背景から駅などのデザインは微妙に構成主義的というかスターリンゴシックな建築様式。
1_201503312259075b8.jpg

とりあえず窓口で乗車券購入。ちなみに"ゴールデン・ジュビリー・エクスプレス号"は3クラス制で、リビングストン ~ ルサカ間(488キロ)が3等車で80クワチャ(現レートで1290円くらい)、2等車は110クワチャ(1770円)そして一等車のコンパートメント寝台が145クワチャ(2330円)というお値段。もちろん寝台一等車のチケットを購入。

駅員さんが発券してくれる。
2_20150331225907017.jpg

乗車券
3_20150331231011dcd.jpg

リビングストン駅1番ホームに停車中の"ゴールデン・ジュビリー・エクスプレス号"。 日本の寝台ブルートレインならぬ赤塗り。なんか名鉄カラーで親近感がわく。18時丁度にリビングストン出発予定である。
4_20150331231010793.jpg

いざ乗車! なんとも説明出来ないが寝台車の片側のみにある廊下のワクワク感がたまらない。
5_20150331231010a82.jpg

今回私が利用するのはコンパートメントA室。まずは寝台車乗務員のお姉さんが笑顔満点でお出迎えしてくれる。なにげに制服まで統一されてて感動。そしてザンビアンにしては丁寧、愛想のある乗務員さん達でこれまたGood! 私たちの寝台コンパートメント担当のウェンディーさん。
6_20150331231009a59.jpg

ということで寝台コンパートメントを詳しく。どうやら最大で6人分の寝台が用意できるようであるが乗務員のウェンディさんに聞いたら家族連れは別として基本は最大で4人寝台部屋という事らしい。今回は私ともう一人、ザンビアンのMrシララと相部屋となった。
7_20150331232454404.jpg

まず電気系の設備はこんな感じ。もちろんエアコンもかなり効いてて寒いくらい。
室内灯とエアコンの送風口
8_20150331232454254.jpg

電気系設備スイッチ類。左から右室内灯、左室内灯、睡眠灯、エアコン送風開閉、エアコン送風強弱、乗務員呼び鈴件インターコム。
9_2015033123245336b.jpg

240vのコンセントも用意されてるのでデジタル機器充電とかも余裕。
10_20150331232453588.jpg

続いてベット(寝台)
最上段はちゃんとマットレスが用意されている。ベッドの奥には荷物置き場。
11_20150401020813a0d.jpg

椅子。背もたれが中段の寝台にトランスフォームできる。スプリングクッションで座り心地良好!
12_20150401020812ac2.jpg

車窓、上段の窓は顔を出せるほど開閉可能。そして異常に分厚いシャッター。
13_201504010208127d7.jpg

テーブル。テーブルをたたむと下から洗面器が出てくる。
14_2015040102081250e.jpg

壁は木目調の落ち着いたトーンでこれまたいい感じ。廊下に接続するドア。ミラー付き。
15.jpg

続いて寝台車の他の機能。
廊下には2箇所の水汲み場。
16.jpg

そしてトイレ、清潔感があって全然ザンビアらしくない。
17.jpg

シャワー室。ちゃんと温かいお湯が出て感動。
18.jpg

以上が寝台車。以下はその他の各車両内部の写真。

連結部分を渡り寝台車の次の車両は2等車。大きめのLCDスクリーンが数台設置されており映画が上映されていた。日本の昔なつかしい特急車両の指定席のような雰囲気。
19.jpg

次の車両は3等車。いわゆる航空機でいうところのエコノミークラスである。他の車両よりどう考えてもニオイがきついのだがなぜ??椅子に使われてる掃除がし易い人工レザーのニオイか・・・
20.jpg

そして連結部分を渡って行き着く事の出来る最終車両は食堂車。洒落たダイナー。
21.jpg

厨房と料理人
22.jpg

ちなみに車両の構成と編成は以下のよう。
23.jpg

ばら積み貨車
24.jpg

そして機関車は南アフリカ製のEMD GT26というモデルの下位グレード、U20で最大出力3300馬力のディーゼル機関車だ。機関車の詳しいスペック等はWikipediaでどうぞ→EMD GT26 Series
25.jpg

機関車を先頭から。
26.jpg

ジュビリー号で唯一ザンビアっぽかった機関車のエンジンルームの扉。めちゃエンジンオイルがビチビチ下痢っているが大丈夫か・・・。
27.jpg

ちなみにこの"ゴールデン・ジュビリー・エクスプレス号"は故サタ大統領を記念する車両ともなっているため車両内部の至るところに故サタ大統領の写真が飾ってある。奥さんのカセバ婦人とともに。
28.jpg

車両外側にも故サタ大統領の写真
29.jpg

ちなみに車両内部には面白い喚起表示も。
「この車両はあなたのものです。破壊行為はしないでください」 遠回しに破壊すれば不利益を被るのはあなた自身ですよと。
30.jpg

ということで写真を撮ってるうちに18時に。出発予定時刻だが出発しない。寝台部屋に戻り待つこと10分やっと車内アナウンスが。18時10分次のジンバ駅に向けて出発。

やっと車窓の景色が動き出した!
31.jpg

出発してすぐ食堂車の利用についいての説明が乗務員より。夕食を食べる場合はおおよその時間を教えてねと。全ての乗客が一度に食堂車に詰めかけると席数が足りなくなるためらしい。20時に食堂車を予約。列車が出発してすぐサンセット。車窓から眺めるアフリカの大地に沈む灼熱な太陽が微熱に変わる時刻の夕日は一見する価値十分あり。

車窓より夕日。
32.jpg

夕日にライトアップされ、よりカッコよく、そしてセクシーになる "ゴールデン・ジュビリー・エクスプレス号"。
33.jpg

夕日の後はひたすらブッシュそしてブッシュな景色がただ続く。
34_20150401045107987.jpg

窓外はすぐに真っ暗に。
35_20150401045106ce2.jpg

ここでスマフォのGPSアプリを使い速度測定。標高1080mを35キロほどで走行。リビングストンからチョマまでは登坂となるので遅め。
36_20150401045409b6a.jpg

20時になったので食堂車に移動。たまたま乗り合わせたリビングストン出身ルサカ在住の知り合いシスターと共に食事する事に。彼女はBBQチキンとベイクドポテトを注文。私はポークチョップとフレンチフライを注文しドリンクと合わせて二人で44クワチャ(約700円)。二人でこの値段ならかなりリーゾナブル。まぁまぁの味。
37_20150401045105ef1.jpg

食事中の20時55分ジンバ駅到着。10分ほど停車。食事後に話が盛り上がり結局食堂車にて2時間ほど過ごす。
寝台部屋に戻ったのは22時少し前。同室のMrシララは映画を見にビジネスクラスでのんびりしていたので寝台部屋は私ひとり。すぐに乗務員のウェンディさんが寝具を持ってきてくれた。ベッドシーツ、枕、そして毛布。

毛布はちゃんとザンビア鉄道の文字入り
38.jpg

枕も同じくザンビア鉄道のロゴがプリントされておりブランディングにもちゃんと気を遣っている事がわかる。
39.jpg

乗務員ウェンディさんいわく、申し訳ないけどベッドメイキングは自分でしてね。ヘルプが必要だったら手伝うけども... との事。とりあえず軽く自分でベッドメイキング。
40.jpg

ベッドメイキングが終わったところでウェンディさんに頼んでおいたコーヒーが運ばれてくる。列車はかなり揺れるので溢れないようにラップがしてある。ビスケットが一枚おまけでついてきた。インスタントコーヒーだろうなと思って一口飲んでみたらなんとちゃんとしたドリップコーヒーでさらにびっくり。っていうかドリップが5クワチャ(80円)なら激安である。町のカフェで頼んだら普通に7~10クワチャするのに。コーヒーのみながら明日の研修のプレゼン資料などを編集確認。
41.jpg

23時05分、カロモ駅到着。5分ほど停車。Mrシララも寝台部屋に戻ってきた。洗面室で歯磨きをして最上段寝台で寝る事に。明日に備えタブレットとスマフォを充電。寝ている間に停車駅と時刻をスマフォのGPSログアプリで集計してみたらこんな感じ。
42.jpg

やはり列車に揺さぶられながら寝るのはロマンがありイイ! と思うのは私だけであろうか。かなりの快眠であった。

翌朝、目が覚めたのは5時45分ごろ。同室のMrシララが5時30分くらいに起きたのでそれに連なり私も起床。エアコン切るの忘れていたので寝台部屋はかなり極寒に。起きてボケッとしていたらすぐにカフエ駅到着。時刻は06時05分を差している。外はまだ薄暗い。ボロいが余裕で運用中の貨物列車などがホーム向かいの留置線に停車している。
43.jpg

カフエ駅で機関車交換とすれ違い列車待ち合わせ等で30分停車する旨の車内アナウンスがある。カフエよりもう一人お客さんが私たちの寝台コンパートメントAに加わった。Mrクワブラというザンビア鉄道の職員らしい。いつも通勤で列車を使ってルサカに行くとか。ザンビア鉄道の職員なのでおそらく無賃乗車。
44.jpg

とりあえずシャワーを浴びに行く事に。シャワーを浴びてリフレッシュしたところで、食堂車に行くとすいていたのでそのまま朝食をオーダー。BLTサンドとコーヒーでお値段21クワチャ(320円)。このBLTサンドがまた気合が入っていてウマい。カリカリながらジューシーなベーコンにトーストの表面が軽く揚げパンになっておりジャンキーではあるが朝からパンチの効く口当たりだ。
45.jpg

朝食の途中でカフエ駅を出発。ルサカまで残り40キロほど。がかなり低速で走行。おそらくはルサカ駅周辺の混雑する朝ラッシュのトラフィック調整か何かであろう。カフエ近郊の山々。
46.jpg

朝食が終わり洗面室で歯磨き後もまだまだ時間がありそうなので車両をちょっとうろついてみる。列車走行中でも乗降扉はロックなど全くされていない。走行中の列車から飛び降りるスタントもできる!
47.jpg

カフエールサカ間の線路脇はほぼトウモロコシ畑になっていた。
48.jpg

ゆっくりとしかし確実にルサカに近づいてきた。乗務員達が寝具の回収にやってくる。そうこうしてるうちに見えてきたのは紛れもなくザンビア政府銀行の建物。ルサカの都心のランドマークだ。車内アナウンスのお決まり、『ご利用ありがとうございました。まもなく終点ルサカ到着でございます。』 がなされる。
49.jpg

ついにルサカ駅ホームに列車が入線。ルサカ駅到着は08時15分。
50.jpg

ルサカ駅ホームよりルサカ都心を望む。
51.jpg

ルサカ駅全景。
52.jpg

駅の真ん前にはローデシア時代の蒸気機関車が展示されていた。
53.jpg

という事でリビングストンから首都ルサカまで約13時間の寝台列車の旅はここで終点。

私的には大満足な旅であった。ザンビアにしては珍しくかなり高評価できるサービスで感銘を受けるであろう。確かに自家用車ドライブや高速バスに比べれば所要時間は倍かかるが、寝台でしっかり睡眠出来る分、疲れは全くなしである。

列車旅が好きな方であればザンビアに来た際、ぜひこの "ゴールデン・ジュビリー・エクスプレス号" で寝台列車の旅を楽しまれる事をオススメする。

スポンサーサイト

PageTop

やはりあのアニメの破壊力は凄かった!

うちの社員の一人にカートゥーン(アニメ)大好きなチルフィヤ君というのがいる。ディズニーなど海外カートゥーン中心に見ているのだが、3ヶ月ほど前にジブリ作品のisoファイルをあげて以来、面白かったようで私の持っているジブリスタジオ作品7つをほぼすべて見ていただいた。ということでジブリ全作品(最近の作品は私も知らない・・・)ではないがザンビアン的にどの作品が一番良かったか?と聞いてみた。結果はなかなか興味深い。

7位:千と千尋の神隠し
ザンビアには文化として存在しない湯屋が舞台である事や日本的な神々が出てくるなど難解すぎてストーリーが理解できないとの事。アメリカでは評価高かったらしいがザンビアではイマイチのようだ。

6位:紅の豚
自分が結構好きな作品だけになんで?という感じだが、これ英語(日本語版直訳板でなく海外版)で観ていただければ納得できる。例えば有名な台詞、『飛ばねぇ豚はただの豚だ』は英語吹き替えで聞くと "Sorry, baby. Gotta fly....." となっていたり日本語ならではのカッコよさでほぼ台詞が語られるためかこちらもザンビアン的にはあまり面白くなかったようだ。

5位:ナウシカ
ザンビアンの感想を大体まとめると、”普通にいい作品だと思う。でもちょっとわかりづらい” という感じ。これには私も同意でもともとナウシカは2時間弱に収まるような作品ではないと私も思う。原作の漫画を少し読んだ事があるが原作の方が背景などが丁寧に描かれていて面白い。

4位:もののけ姫
チルフィヤ君いわく、アクションが良かったと。確かにこの作品、アクションシーンに関してはほかのどのジブリよりもたくさん念入りに描写されている。武士やら中世の日本的な文化がファンタジックに描かれていたりアクション大好きなザンビアンにとっては非常にエキサイティングだったらしい。

3位:トトロ
私としてはかなり意外であった。なんでと聞いたら、うーんなんでか分からんけど凄い良かった・・・ との事。やはり秀逸な作品であるのだろう。私の分析としては家族の繋がりを大切にするザンビア文化だからこそ兄弟愛の描かれ方、それと病気がちなお母さん(アフリカでははちょっとした病気で死ぬことがあったりするので両親が入院したりとかすると子供としてはかなり動揺する)、さらにちょっとワイルドな子供たちあたりも何かザンビアンと共通するものでもあったのだろうか。

2位:ラピュタ
やはり全世界のムスカ大佐なのか・・・。いつ何回みてもイイとの事。おそらくは比較的、単純なストーリー構成に癖のある登場人物達がザンビアンにもうけるようだ。 ちなみにムスカ大佐の名セリフ、『見ろ、人がごみのようだ!』 は英語では結構そのまんまで "Aha, some human garbage.'' となる。

そして1位は・・・
実はこの作品先週あげて水曜の夜に観たらしいのだが、次の日チルフィヤ君、なんと体調不良とかいって、
仕事休みやがった!。。。
そんな破壊力のあるジブリ作品といえばおおよそ予想できるだろう。

1位:蛍の墓
チルフィヤ君いわくなんかもう観たくないけどとにかく凄い作品だったと、"Beyond sadness......not for crying but so hopeless" との事。訳せば『悲しすぎて泣くことすらできない絶望的すぎる』という感想だ。トトロが結構上位になった理由とも似ているが家族の繋がりを大切にしたり貧困が普通に存在するようなアフリカだからこそ理解できる所がたくさんあったらしい。戦争映画とはいえザンビアの家族構成的によくあるかなり年齢の離れた兄ちゃんと妹とか、孤児になってしまうところとか、親族の家に同居するもギクシャクしてどうしようもなくなるとか、たまに現れる金持ちに嫉妬するとか(お金持ちの子女が疎開先から帰って来てレコードを楽しむシーン)、貧しさゆえに盗みを働いて殴られるだの現実問題ザンビアで普通に起きている事がもの悲しく描かれていたりと共感がポイントがたくさんあったようだ。そして最後の絶望はなんとも衝撃が強すぎたようである。

ちなみに ”蛍の墓 アマゾン 海外 レビュー” とかでググると海外でこの作品かなり好評価ではなく高評価されている。そしてもちろん破壊力の凄まじさに何回も観たくないというのは世界共通の感想のようだ。

という事でザンビアンにジブリ作品をみていただいた感想は上記のようになった。ちょっと意外であっただろうか。

PageTop

ワイルドな試食

最近、ザンビアでもウェブ・マーケティング案件が人気で当方もかなり忙しい。特にリビングストンは主な産業が観光業であるがゆえにウェブ・マーケティングの重要性も高い。具体的にはもちろんウェブサイトのデザインからSEO対策、ソーシャルメディア等による情報共有&拡散などでオンラインによる集客アップをするという感じ。しかしながら断続的な人材不足のせいでデスマる案件が多発、そこで現在、ザンビア人のウェブコンテンツ系クリエイターをリクルート中なのだが、これがまた中々集まらない。例えばウェブデザイナーの場合、私としてはプログラミングができる人材よりアーティスティックでクリエイティブなセンスを持った人材が欲しいわけ。技術的な事は教える事ができてもセンスはそう簡単に身につくものではないからである。そしてそんなセンスを持ったザンビアンは稀である。ウェブコンテンツとして使用する予定の写真にしてもレイアウトにしても色使いにしても基本的にザンビアンは悪い意味で ”テキトー・大雑把” なのである。

そしてこのテキトーなセンスはウェブ上の話だけではない。通常のマーケティングにおいてもザンビアンのテキトーセンスが炸裂する。

先日、南アフリカ資本の大型スーパーマーケットのショップライトにて、まだ有名ではない国内製糖メーカーの新商品であるブラウンシュガーが陳列されていた。 新商品なので試食を実施中であるのだがこれがまた酷い。 犬の餌用に使われる感じの安っぽい皿に無造作に並々と盛られた ”さ・と・う”・・・・。 そこに突っ込まれたアイスクリーム用の使い捨てスプーンがまたなんともこの風景にマッチしている。

↓ っていうかいくらなんでもワイルド過ぎるだろ・・・!
IMG_1802.jpg

まず面白いと思ったのは ”砂糖” という商品をそのまま消費者に対して試食させている点である。ロジカルに考えれば砂糖なんてスプーンでジャリジャリと食べるような食品ではない。なぜ ”おもいっきり砂糖” なのか・・・。 ここは例えば、この新商品砂糖を使用したレモネードとか同じく本商品を入れた紅茶をとかにしておけばまだコンシューマのハートをキャッチすることも出来たかもしれない。

アフリカ的に砂糖をそのままジャリジャリとワイルドに試食というのはさておき、この盛り付け方もどうにかならないものか。せめて例えば角砂糖にしてロココ調な食器に知的に盛り付けて試食をしてもらおうというなら少々はお洒落になりそうな気もする。

↓ 試食ブースの理想
1_2015032204541824e.jpg

そして、なぜ弊社の砂糖を買うべきなのかというような説明書きがなされた広告を近くに表示させたらだいぶマシになるであろう。例をあげるならば健康に良いオリゴ糖ブレンドとか添加物フリーとかいう文句をタイトルに笑顔満天なサトウキビ農家のオヤジあたりの写真を載せたりすればさらにそれっぽくなる。

ちょっと考えればいくらでもマーケティングのアイデアなんて出てくるのではと思うのだが、いずれにせよザンビアンの脱力感とやる気の無さ、そしてセンスの無さは半端ない。ということでやはりウェブコンテンツ作製がイイ感じに出来るセンスあるザンビアンの人材を見つけるのは容易ではなさそうだorz。

PageTop

アフリカンクッキングの記事について

このブログのアクセス数など解析すると料理記事が人気の様子。
そこでこれからの料理系記事はクックパッドに載せていこうと思う。

アフリカのワイルド飯
http://cookpad.com/kitchen/11830234

まず手始めにクックパッドの使い方学習も兼ねて今が旬のグラナディラ自家製ジュースのレシピをアップしてみた。
http://cookpad.com/recipe/3072138

頻繁ではないが時間のある時にアフリカならではのワイルドレシピをアップする予定。


PageTop

めまぐるしいザンビア情勢

長らくブログの更新をしていないのだが最近実は体力の落ち具合が半端なくあらためて老化が進んでいるのだと身をもって実感している。

さてザンビアでは去年の10月以降、本当に様々な事があった。タイムライン的には以下の通り。

10月
独立50周年(ジュビリー)記念の祝祭ムードを横目に現職のサタ大統領がご逝去。

11月
サタ大統領の盛大な国葬が執り行われると同時に暫定大統領のガイ副大統領のもと時期大統領候補をめぐり政治的に少々混乱が見られた。

12月
選挙活動が本格化するなかの年末年始、この時点でクワチャのFXレートが小刻みに下がっていく。

1月
21日に行われた大統領選挙一週間前に与党(PF党)がガソリンの価格を下げる。9.91から7.60クワチャに。
その他様々な与党による票集めの為だけの政治的キャンペーンが繰り広げられる。
選挙結果、与党だったPF党が今回の選挙で当選を有力視されていたヒチレマ氏率いるUPND党をごく僅かの差で勝利、PF党のエドガー・ルング氏が新たな大統領となる。

2月
新たな大統領となったエドガー氏の情報統制に問題があるっぽく様々な政治的スキャンダルなどうわさがおもにリベラル系メディアに取りあげられる。この時点でUSドル対クワチャレートが6,5クワチャとなりザンビアの産業を圧迫し始める。
それに追い討ちをかけるように今年は例年に比べて雨量が極端に少なく南部州や西部州の一部地域に政府が農作物不作宣言を出す。

3月
早々、エドガー新大統領が国際ウーマンズデイ演説中にぶっ倒れる。即座に南アフリカの共和国の医療施設にて治療と検査を受ける。癌とうわさされているが真相は不明。そして先週ついにクワチャ対USドルレートが7クワチャを突破。7.2クワチャまで上昇。そしてここ3日、国内の燃料供給がストップ。結果ガソリンスタンドに長蛇の列ができるもザンビア全国的に燃料不足の事態に。そして本日、小麦の値段の急上昇により食パンなど生活必需食品の値段が上がる事が発表される。

ということで政治的不安定によるクワチャの異常な価値暴落、そしてそれに伴う原油調達の不備によりザンビア経済は現在かなり悪化している模様である。クワチャが紙くずになる現実性も増してきた感じでこれからのエドガー大統領による経済対策によっては最悪、ハイパーインフレな事態にもなりかねないと気を引き締めている。

クワチャがただの紙になる前にダイヤモンドでも買っておくか・・・。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。