Life is Magnificent!!

Africaでの華麗なる日常の素晴らしさを皆様へお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ザンビアカラーは想像以上にお茶漬けだった!

今から50年前といえば1964年、日本においてはサッポロビールが誕生したのをはじめに新幹線、東京オリンピック、日本人海外旅行自由化など高度経済成長の真っ只中だったわけだが、ザンビアにとってこの1964年は英国(北ローデシア)から独立した年である。ちなみに64年東京オリンピック、10月10日の開会式では北ローデシア代表と選手たちが紹介されていたが10月24日の閉会式においてはぎりぎりザンビア独立のニュースが届き無事にザンビア代表と紹介されたらしい。ということで今年はザンビア独立から50年で来る2014年10月24日の独立記念日は例年より盛大になりそうである。ザンビアンたちもザンビアカラーの服などを作ったり着たりしてイベントがあるたびに独立50周年記念を祝ったりしている。

最近このザンビアカラーの服に身を包んだ人々が町をよく歩いていたりするのだが彼らの服を見て気づいたことがある。まずは写真をごらんいただきたい。
↓この服を着た人が町中に・・・
3_201410081502202cd.jpg

なんか見たことあるような無いような・・・・なんかおいしそうな色のイメージだなぁ~。 なんて思っていたら脳内でシナプスが盛大に反応!聞こえてきたのは ”味ひとすじ永谷園”!!。 そう!まさにあの永谷園のお茶漬けの色に似ているのだ!
8287262.jpeg

赤、黒、オレンジ、緑のルーツはザンビアの国旗に使われている色である。赤は自由、黒はザンビアの国民、オレンジ色は鉱物資源を象徴しており右上部の鷲は国鳥のフィッシュ・イーグルで国民の力を象徴している。緑地はザンビアの大自然を象徴しているらしい。
ザンビアの国旗↓
8.png

普段、国旗を見るからにはそこまでお茶漬けにならないのだがデザインを並列ストライプにしたら完全にお茶漬けになってしまう。
↓こちらは男性用のザンビアカラー服。真ん中に50周年記念のロゴが見える。
6_20141008150219267.jpg

なにげに永谷園お茶漬けの世界的PR活動に貢献しているザンビアン達である。

ちなみに永谷園であるが先週、新商品のお茶漬けを発売したらしい。47都道府県の名産品を混ぜたご当地メニューな47通りのお茶漬けでキャッチコピーは『日本の上に何のせる?』というもの。具体的な商品名は「トマトとアボカドのサラダ茶づけ」(熊本)「焼きさんまのお茶づけ」(宮城)「牡蠣ソテーの茶づけ」(広島)「ほたてバターのミルク茶漬け」(北海道)などなど。是非、ご賞味くだされ! 詳しくは永谷園のHPから→www.nagatanien.co.jp

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。