Life is Magnificent!!

Africaでの華麗なる日常の素晴らしさを皆様へお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

何もかも違う・・・

最近日本でも話題の中国産偽装製品達。もちろんザンビアでも中国製品が大量に出回っている。食品偽造などは勘弁してほしいが時に中国製品の中には面白いものが紛れている事がある。

先週末、お隣の娘さんナターシャちゃん(4歳)が自宅の勝手口付近で遊んでいたのだが彼女の所有する中国産ヌイグルミが面白かったので画像投下!
IMG_1374.jpg

う~ん、これはどう見てもラクダ(Camel)だがなぜゼブラ? しかもゼブラのスペルが間違ってるし・・・。ZEBRA○ JEBRA×
いろいろ意味不明だがこういうお茶目で難解で尚且つ迷惑がかからない偽装ならいくらでもして貰っても結構なのだが。あとはこのJEBRAヌイグルミが爆発(チャイナボカン、中国の国技!)しないことを祈るばかりである。

スポンサーサイト

PageTop

差別されるベジタリアン

先日、FIFAの決勝をとあるザンビアンの友達の家で観戦した。ビールとフライドチキン&チップスと共に。ここでショックだったのがその日は二日ほどコーヒーしか飲んでおらずお腹がすいているはずだったのだが、なんとフライドチキンを半分食べたところでなぜか胸焼け・・・。チップスにはほとんど手をつけずに食欲減退となってしまったわけ。少し前まではこんな油っぽい組み合わせもペロリといけたのに・・・むしろチップスなんて豚の餌に思えてくる始末。やはり歳ともに精進チックな料理がよくなってくるものだ。と加齢な生活をボヤいても仕方がないのだが。

ところでザンビアンは間違いなく肉食だ。食卓に肉がないと満足しない。たとえばお食事にお呼ばれした場合、肉をとらずに野菜とシマだけで食べていると強制的に肉を皿に載せられたりする。もちろんザンビアでは肉は野菜と比べれば高いもの。せっかく来てくれた客人に肉を食べていただきたいという気持ちは本当にうれしい。しかしザンビアンのベジタリアンたちはいつもこのジレンマに遭遇する。野菜を食べたいのに肉を食べないとオモテナシを拒否られてると思われてしまうのだ。または肉が食卓に上がらないのは貧しい証拠、ひもじい家庭と見られてしまう可能性もある。結果としてどこに行っても肉肉肉っぅう!となってしまうわけ。幸いリビングストンはザンベジ川も近いし特に冬場は川魚が市場に出回るので肉でなくとも魚が食べられるが。野菜だってちゃんと料理すればオサレで美味な料理になるのよっ!ということを証明するため先日ふと私の家に立ち寄ってくれたお友達のエルダに最近の私のお得意ベジタリアン料理パンプキン・ラビオリをサーブしてみた。

作り方はこんな感じ

まずザンビアで一番コモンな野菜、レップ(ほうれん草的な野菜)の葉っぱ部分のみを切り取りよく洗ったら熱湯をかけてしんなりとさせ、フードプロセッサーに入れて青汁の素を作る。
1_201407240631588c2.jpg

つぎに強力粉、卵、オリーブオイル、塩すこし、そしてこの粉砕されたレップの葉っぱを投入!生パスタを作っていく。空気をぬくように力をこめてコネコネ。生地が落ち着いたら冷蔵庫の中で1時間ほど極寒シエスタさせる。
9_201407240634138e9.jpg
10_201407240634134ce.jpg
11_2014072406341266a.jpg

生地を寝かせている間にかぼちゃをゆでてマッシュ。かぼちゃの中にはコショウと塩、甘みを際立たさせるために砂糖を少々。これがラビオリの具になる。
6_20140724063154443.jpg

そしてそれと同時にトマトソースも作ってしまう。まずオリーブ油を熱してにんにくの輪切りを投入、上品な感じでオリーブ油にガーリック風味をつける。トマトホープ缶なんて使ったら邪道!ということでちゃんとトマトを切ってなべに大量に投入!トマトがグツグツしてきたらハーブ類(タイム、ローズマリー、オレガノ)を投入、弱火でじっくりと煮込んでいく。ちなみにイタリアーノ風トマトソースはにんにくとトマト、ハーブ類でたまねぎはいれないそう。たまねぎを投入するとフランス風トマトソースになるようだ。煮詰まってきたら塩とブラックペッパーで味を調えていく。
7_20140724063414cf3.jpg
5_20140724063154788.jpg

さて冷蔵庫の中からパスタ生地を取りだして餃子の皮の厚さになるまで麺棒でノビノビしていく。伸ばしたら先ほどのパンプキンマッシュを並べてもう一枚の伸ばした生地で閉じて、形を整えながらラビオリの形に切ってフォークの腹でラビオリパスタを封印していく。
4jpg.jpg

生地が余った場合はきしめんサイズに切って冷凍保存しておくとそのままフェットチーネ・パスタとしていつかまた使える。
8_2014072406341415a.jpg

この頃には弱火で煮ていたトマトソースもいい感じにトロッとしているはず。トマトソースが完成したら大きい鍋で水を沸騰させる。沸点を上げるために塩もちょいと投入するとよい。ラビオリパスタを5分~8分ほど茹でる茹で終わったら水切りをしてさらに盛り付け。深めの皿を使うとよい。ラビオリパスタの上にとろけるチーズを載せてその上にアツアツのトマトソースをたっぷりとかける。最後にイノンドを振りかけて完成!ちなみにイノンドの代わりにバジルの葉っぱもよくあう。
13.jpg

本日の付け合せはにんじんとヤングコーンのオリーブオイル炒めとブロッコリー。
12_20140724064514457.jpg

これで肉を使わないベジタリアン料理ができた。ザンビアンの感想は・・・・
14.jpg

Uhnn hunn! this is nice!!...Good!..... You know, I've discovered that simply Zambians doesn't know how to prepare and cook vegetables muwandi...
との感想をいただいた。

名古屋弁っぽく訳すと:おぉーー、これはうまい!うまいよ。っていうかザンビアンはただ野菜をどう料理するか知らんだけだわホントに。(muwandiはニャンジャ語で 'マジで' とか 'ぶっちゃけ' とかいう意味)

となる。

歳とったこの頃、私もそろそろ肉を食べるのを控えめにしたほうがよさそうだ。

PageTop

英語しゃべれなくても少しだけ英会話をカッコよく見せるTips

ザンビアに住んでいるとザンビア人たちが現地語とミックスしながら独特な発音でしゃべる英語、ザングリッシュに毒されてしまうのはいうまでもない。なのでTipsといってもザンビアでしか通用しないかもしれない。

①YesとかYeahを多用しない。
相手と英語でしゃべっているときにYesYesYesばかり言ってる東洋人をザンビアでもよく見かける。これは非常にカッコ悪い。ではどうするか。まず第一に会話を肯定したい場合Yesという必要はとくに無いということを意識する。次にYesにとって変わりそうな単語も少し覚えておく。

・何かの事象にたいして大丈夫かどうか聞かれた場合はPerfect, No problem, Am good,など
例:レストランにてウェイターに”Is everything okay?”きかれた場合:PerfectまたはLovelyなど使える

・相手に対して同意を示したいときはTrue、Absolutely、You're right、Agree with youなど、若者であればcoolなども使える。
例:John:May be our President is sick, his not appearing TV these days・・・
   Emma:That's what am thinking also.... とか答えられる

・Do you...? Have you....?など文法的に疑問系な質問をされたときでもYesの代わりまたは前置きにOf course....などのエンファシーをいれる。
Boss:Do we understand each other?
Hira-shaine:Perfectly Sir!

Boss:Have you finished your work?
Hira-shaine:Of course sir! などなど

そもそも肯定的な回答をする場合は多種多様な表現があるのでYesを使わなくても大丈夫なわけ。一方で否定したい場合はNoとハッキリ言うこと。日本語文化的には否定は控えめに、肯定はハッキリとという感じだと思うが、英語ではまったく逆といっても過言ではない。

②”I”または”I'm”を多用しない
なぜか日本の教育では主語が強調される。そして”私”が主語の場合もIを使えと・・・しかし”I”を多用すると自分に注目を向けているともみてとれるしIQが低そうにも見える。そこでこれもYesとおなじ”I”を極力使わないように心がけるとよい。

・英語で、『あなたたち少しリフレッシュしたほうがいいわ。気晴らしできる所知ってるから一緒に行かない?』 と言うとき。

悪い例:I think you guys need to be refreshed.....I know nice place to go, I can show you...
良い例:Better take some refresh guys...There is nice place that I know...if you like it...
という感じ I はセンテンスに1回使われていれば十分意味は伝わる。あとIをたくさん使ってるとオカマっぽく感じるのは私だけだろうか・・・。

・物事を説明したいときも”I”を使わないうように心がける
英語で『iPhoneでWhatsAppというアプリを使ってるんだけどLINEと同じでみんなとチャットできたり電話できたり写真とかビデオなんかもファイル共有できるの』と説明する場合:
悪い例:I have iPhone and I'm using application called WhatsApp. I was using LINE...almost same, I can chat with people, I can talk, shearing pictures and videos.
”I”を5回も使ってしまっている・・・意味は伝わるがやっぱりお姉ぇ系だ。。。

良い例:An application called WhatsApp installed in my iPhone can communicate with people as LINE does...Chatting,talking,shearing files such as pictures or videos.
お気づきだろうか”I”を除いた構文にするだけでかなりスマートで知的な印象を与える。

・ちなみに”I”の代わりにMeを使うのも一つの手。
『もしそうなったならうれしいね』 と言いたい時
Iを使った場合:I'm very happy if that happens.
Meを使った場合:Make me very happy if that happens.

そしてザンビア英語、ザングリッシュの場合は I を ”そのまま” Meに置き換えてもOK・・・
『絵を描くのは苦手なんだよね』 と言いたい時
普通は:I'm not good at drawing...
ザンビアでは:Me, am not good at drawing...
となる。ちなみにMeをこんな感じで使ってるとアフリカっぽいセクシーな英会話も取得できること間違いなし。

ということで”Yes”と”I”をなるべく使わないよう心がければ私のようにほとんど英語しゃべれなくてもちょっとカッコだけはついたりする。皆さんもお試しあれ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。