Life is Magnificent!!

Africaでの華麗なる日常の素晴らしさを皆様へお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ザンビアにも生息するキラキラネームを付けたがる親達

1_20130725190251.jpg

日本のネット掲示板等で何かと話題に上るキラキラネームの数々。最近の親は子供をペットか何かにしか思っていないようだ。特に意味のない名前や、ハーフでもないのに英名を適当な漢字で当て字にしたり、さらには100万ボルト出せれば話は別として子供にピカチュウ(光宙)とアニメティックな命名をしたりとひどいものである。中には悪気はないもの名付け親の愚かさが表れてしまっているものもある。一つ傑作を挙げると "海" に "月" と書いて "みずき" ちゃん としたまでは良かったが "海月" ではクラゲになってしまうというオチだ。確かにクラゲを漢字で書く機会は少ないかも知れないが漢字の読みくらいちゃんと知っていて欲しいところである。

ところでザンビアの子供に対する命名事情だが多くは英名また現地語名が子供に付けられる。英名はもともとバラエティが豊富ではないので、その点、現地語名が使えるのはザンビアンにとってはアドバンテージとなる。典型的な命名の例を挙げると、ファーストネームがミシェック(英名)、ミドルネームがチバレ(現地語名) サーネームがムソンダ(現地語名)で "Misheck Chibale Musonda" という感じとなる。ファーストネームが現地語である時もあるし、ファーストネーム、ミドルネームとも現地語または英語である事もある。なのでザンビアにおいては珍名を付けなくともそれなりに名前を選ぶことが出来る。ところが最近のザンビアンペアレントの中には子供にかなり変った、凝った名前をつけたがる親もいるようだ。

ザンビア的キラキラネーム、レベル1 : 子供に特に意味のない名前を付ける。
英名、現地語名とも通常は意味がある。例えばザンビア南部州のトンガ族の名前の一つに "ルショモ" という名前がある。意味はトンガ語で "信頼(Trust)" である。またはザンビア西部州のロジ族の一般的な名前である "セピソ" はロジ語で "約束(Promise)" という意味である。このように現地語の名前を付けるにしてもそれなりに意味があるのが普通である。ところが最近、特に意味のない名前を子供に付けている親がいる。例えば2ヶ月前に私の友人が出産したのだが、ベイビーの名前が "ガジャ" とかいう名前だ。意味は?聞いたところ、特に意味は無いがいい響きでしょ!とのこと。なんとなくインド系の名前だが・・・。

ザンビア的キラキラネーム、レベル2 : 子供に有名人の名前をそのまま付ける。
まだザンビア人の有名人の名前なら解る。例えばザンビアナショナルチームのサッカー選手の名前を子供に付けた親を私は知っている。だが問題は世界的有名人の名前を付けたりする親だ。2009年に生まれた子供のミドルネームに "オバマ" と命名した親によれば、子供の生まれた年がオバマが大統領に当選した年だからという理由だそうだ。ちなみに今年、彼は4歳にもなるがあだ名はずばり "オバマ" である。

ザンビア的キラキラネーム、レベル3 : 子供に食材の名前を付ける。
もちろん英名の中には食材を発見した人や愛用した人の名前がそのまま食材名となることもある。先回の記事で書いた紅茶、アールグレイもその一つである。がしかし子供に食材の名前を付けるというのはあまり聞いた事がない。私のお客さんにとあるロッジがあるのだがそこで働いている人達が偶然、食材の名前になっていたことがある。ロッジのマネージャの名前が "ブレッド(Bread)" 、レセプションで働いていた人の名前が "パスタ(Pasta)"であった。ちなみにパスタ氏の苗字は現地語名で "チクワンダ" という名前で パスタ・チクワンダ というのだがなんか和風スパゲティな名前であると関心していた。(スパゲティにちくわはいれないか・・・。) 極めつはこのロッジにたまたま現れるラフティング会社の社員の一人が "ポテト(Potato)" という名前であったことである。本人達はこれらの名前をみな気に入っているようなので何よりだが、それにしても炭水化物な名前達である。

ザンビア的キラキラネーム、レベル4 : もはやカオス・・・。
ザンビア人は子沢山であるので時に変った名前をつけないと親自身が子供の名前でこんがらかる事があるようだ。ザンビア東部州に住むある8人兄弟の親は自分の子供に携帯電話のメーカの名前を付けたということで一時、新聞などで有名になった。子供の名前が "ノキア(Nokia)"、 "モトローラ(Motorola)"、 "サムスン(Samsung)"、 "エリクソン(Ericsson)" といった具合である。そういえばアメリカでも子供に "Apple"とか "Siri" などの名前をつけるのが人気だそうだ。将来携帯メーカに入社できるといいなと願うばかりである。

英語ではキラキラネームの事を "Celebrity Baby Names" というそうだ。いわゆるお馬鹿セレブが好んで子供に付けそうな名前、またはセレブのようにキラキラしているということなのだろうか。いずれにせよ皮肉じみている。"Celebrity Baby Names" でググれば海外のキラキラネームたちを沢山みる事ができるので試していただきたい。私的にはキラキラネームには反対でも賛成でもない。名前がその人の人となりをある程度表現するというのが正しければキラキラネームもまぁ受け入れるべきであると思っている。子供に珍名を付けるのはもはや世界的傾向であるようだ。

スポンサーサイト

PageTop

時には買い物を楽しもう

"私をジャスコに連れってて!" とはよく言ったもので、若い頃はショッピングに行くという行為が楽しみのひとつだったのだが、一人暮らしが長引いている最近は "買い物" なんて生活の為の "単なる仕入れ" となってしまい楽しむどころか億劫な仕事をしているかのような気分である。しかしながら時には買い物を楽しもうということで先日の休日(農民の日)にじっくりと商品チャックをしながら値段はあまり気にせずにザンビア版ジャスコ(イオン)と言っても過言ではないショップライトとスパーでほぼ半日かけてショッピングしてみることにした。

ザンビアでは10年前に比べれば中流以上を中心に経済成長と共に国民の生活にもちょっとした余裕が出て来ている様子が窺える。その証拠にスーパーマーケットに陳列される商品の品揃におけるバラエティ性がココ最近かなり向上している印象だ。例えば、紅茶、コーヒー類であれば陳列コンコースの片側一面の商品棚をほぼ埋め尽くすほどの種類がある。さすが英国の植民地だっただけに紅茶に対する思い入れはそれなりにあるのかもしれない。確かにザンビアでは食事の時間帯など関係なく来客があれば例え貧しい家庭であったとしてもローフと砂糖たっぷりの紅茶でもてなす事は日常であるし、最近は会社の会議などでも紅茶とビスケットが必ず振舞われたりする。なので紅茶の需要は結構あるのだ。陳列されている紅茶にはアフリカ原産のルイボスティーからセイロンティー、アッサムティー、ダージリン、ニルギリ、珍しいものでは中国産の黒豆茶やグリーンティーも置かれている。各種ハーブティーやフレーバーティーも豊富に品揃えされており、フルーツ系フレーバーに加えてアールグレイまであるぐれぇである・・・。とこんなダジャレを言ってみたくてココまで書いたのだが、これでは読者の皆様に失礼なので意外と秀逸な出来のアフリカ産アールグレイ試飲リポートでも書かせていただきたい。

アールグレイの思い出といえば、幼い頃、親に早く寝なさいと言われてベッドに行くものの何だかんだで眠れずリビングに戻るとダイニングテーブルで新聞のクロスワードパズルをしながら夜の余暇を楽しんでいる母がよく飲んでいたのがミルクたっぷりのアールグレイであった。部屋中に引き立つアールグレイの香りが心地よく母のティーカップからつまみ飲みをして怒られるという記憶が残っている。そういうわけで私もフレーバティーの中ではアールグレイが一番好きというわけ。

シンプルなパッケージ↓
1_20130705072432.jpg

さて今回購入したアールグレイはティーパック25枚入りでお値段が7.99クワチャ、日本円で149円くらいである。隣に置かれているディルマのアールグレイは19.89クワチャ(日本円で400円くらい)なのでかなりお買い得である。安さの秘訣はどうやらブランドイメージにあるようだ。ディルマといえば世界的に有名な紅茶のブランドで外国からの輸入品であるが、こちらのアールグレイは "Kilimanjaro Tea" というブランドでタンザニア産とある。パッケージをよく見るとブレンダー会社の創設年が1963年となっている。この年号はタンザニアでも歴史的に貿易の要所となっていたザンジバル王国が英国から独立した年である。つまり古くからザンジバル(現タンザニア統治)にあった東インド会社系の歴史ある会社が王国独立直後に新たに制定された会社法に沿ってすぐに法人登録をしたのではないかと勝手に妄想しておそらく信頼の置ける商品だろうという結論に至り買う事にした。買う前にパッケージをよく読むのは大切であるし非常に興味深い。しかし少し心配だったのは香りが重要なアールグレイをこんなお粗末な紙箱に入れて出荷してしまって大丈夫だろうかという点。日本に売られているちゃんとしたアールグレイといえば缶に入れらているイメージであるし、ましてアフリカ産でれば過剰梱包も期待できない。ということで家で開けてみる事に。

ティーパック↓
2_20130705072431.jpg

あけてみてビックリ! ティーパックは丁寧にひとつひとつ内側アルミコーティングプロピレン素材によって梱包されている。これであれば大事な香りもしっかりと保存できそうだ。パッケージからティーパックを取り出すとアールグレイのフレッシュな香りが部屋に充満。早速淹れてみる。

↓アールグレイらしい鮮やかな赤がイイ
3_20130705072431.jpg

香りもすっきりとしていて渋みがホンワカ残っておりイイ感じの味である。ところでアールグレイのフレーバー源はいうまでもなくベルガモットである。その性質上、高温では香りがよく引き立つが低温ではほとんど香りが消えてしまうためアイスティー用のアールグレイは人工的に香料を入れているそうだ。つまり、低温でも香りが立つようであればそれは人工的な香料によって精製されたアールグレイということである。それで実際に半分くらい飲んだあとティーカップ内のアールグレイ水溶液の温度が摂氏20度くらいになるまで放置、香りが立っているか確かめたところほとんど香らずという結果となった。このアールグレイにおいては人工香料はあまり使用されていないということかもしれない。ベルガモットに含まれる芳香成分のアロマセラピックな効果として "鎮静と高揚、両方の効果" という事らしいので例えば短時間で天国と地獄を両方経験した時 (例:遂に新車が届いたドライブへGo→ヒャッハー![気持ちが高揚]→交差点で事故る→もう死にたいorz[気持ちが萎える]) にアールグレイを淹れれば少なからず効果があるかもしれない。それにしてもこのアールグレイ、値段からすれば期待をはるかに上回る出来であった。もしアフリカ産の紅茶、コーヒが欲しければ輸出いたしますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。