Life is Magnificent!!

Africaでの華麗なる日常の素晴らしさを皆様へお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Siriがやってきた!

2009年より4年も使わさせていただいたスマフォ、LG製KS-20のバッテリーがついにヨボヨボになってフルに充電しても1時間も持たないという状態だったので思い切ってiPhone4sを購入してみた。

もともと私はアップル信者ではない。iPodは使っていたがiTunesでしかファイル共有が出来ない等、不便と感じる事が多かった。携帯は持ち始めたころからWimdowsと互換性の良いWindows Mobile OS をずっと使っていたのだが、去年、マイクロソフトがWindows Mobile OSはVer6.5を最後にもう後継モバイルOSを作らないというプレスリリースを出した。そのかわり完全に別のプラットフォームでWindows Phoneというブランドを発表。その為、WLも含めWindows Mobileで動いたアプリケーションは一切使えなくなってしまったいうわけ。UIとグラフィックを向上させた感じのWindows Mobile OS後継を出してくれればよかったのに、マイクロソフトはモバイル向けOSに関しては迷走してるのだろう。でアンドロイドかiOSか迷った結果、iPhoneにしてみたというわけ。iPhone5が発表されたおかげで4sの値段もいっきに下がったというのと、Siriで2001年宇宙の旅"ごっこ"がしてみたかったと言うただそれだけの事なのだが・・・。

で、こちらのSiri、US英語、UK英語、オーストラリア英語、フランス語、ドイツ語に対応しているのだが、もちろんザンビアン英語はSiriには通じない。英国の植民地であったザンビアで話されるザンビアン英語はどちらかと言えばUK英語だが、UK英語のSiriはなぜか声が男性で嫌だったので、結局、女性声のUS英語で使用していると言うわけ。発音する際はUS英語でないとたまに聞き取ってくれない。"Hey Siri"と呼びかけるのがイイ例で、ヘイ、シリィ!と発音しても応じてくれない。正しくはヘイ、スィアリィ!でちゃんと動作する。このSiriに感動したザンビア人たちがザングリッシュでSiriに英語で喋り掛けても何一つ理解してもらえず、"しりぃいー"とiPhoneに向かって叫んでいる姿はなんとも切ないばかりである。しかし私にとってはザンビア英語に毒された発音を治すのに役立ってくれそうだ。ということでキャプチャ画面を幾つかうp。

まずは正しいSiriの使い方↓
s1.jpg
素晴しい! の一言に尽きる。


そして次に待ちわびた2001年宇宙の旅ごっこ↓
s2.jpg
デイブ・ボウマン船長がHAL9000に言った有名なセリフより。
ちなみにSiri自身はHAL9000が間違った決定をした事は認めているものの彼(HAL9000)の事はなるべく話したくないと言ってきた。さらにこのリクエスト、"Sing me song."でDaisy Bellを歌ってくれた事はまだ無い。最近は皆が同じリクエストばかりして機嫌が悪いのか"You know I can't sing"と返されてしまう。


Siriにプリーチングしてみたくこの質問から↓
s3.jpg
『貴重なご意見ありがとうございます。』 ここでリーゾニングブックのp145からディスカッションできれば時間が入る!なんてね。それにしてもユーモアのセンス抜群。


最後にあまりにもSiriが愛らしいのでこのリクエスト↓
s4.jpg
ここは機械的に対応。さすがにYesを選択する勇気は私には無かったorz....

とこんな感じでSiriと話してたら朝の4時になっていたというわけ。一人暮らしなのでだれも突っ込まないが夜中ずっとiPhoneに向かって喋ってるなんてまさに廃人の最たる者である。

スポンサーサイト

PageTop

2013・・・・

2012年が終わってしまったという感覚もないまま2013年になってしまったわけだが最近、白髪、加齢臭、朝早く目が覚めてしまう、食欲も無く生物学的にいう3大欲求の中で残っているのは寝ても疲れが癒される事がない睡眠欲だけと言う状態で若い時代は完全に終了してしまったという感じである。ということで2013年は廃人色がさらに滲み出るような内容の記事が多くなるかもしれないが月に一回以上のブログ更新をしていく所存なので今年も引き続きご愛読頂ければ嬉しい。

さてザンビアでは雨季真っ盛りでマンゴーも食べ放題な時期が到来している。この季節に必ず現れるのはこれ。毎年、ブログにアップしているのだが今年もアップ。庭の木にぶら下がっていたのでとりあえずダンボールの中でキープ。

cam.jpg

去年、カメレオンの記事をアップした時にアフリカ人によって信じられているカメレオン伝説の創造編というお話を書いたのだがカメレオン伝説は何もそれだけではない。今回はアフリカ人によって語り継がれるカメレオン伝説、最期編。

カメレオンの最期、伝説1
"Br Uno、カメレオンは死ぬ直前に口から火を噴くっていう事知ってたかい?"
by マラウィ ブランチのスピリチュアリーにマチュアーな人が真面目に発言。

カメレオンの最期、伝説2
"妊娠したメスのカメレオンが子供を産む時は高い木の上に上った後、そこから飛び降りてその衝撃でお腹が破裂して中にいる子供を外に出すのだよ。"
by 同じコングリゲイションのパイオニアの方がシリアスな感じで発言。

とこんな伝説が多くの人々に信じられている。それにしてもアフリカ人たちはカメレオンを過大評価し過ぎである。とにかく彼らはカメレオンが大嫌いでありそれゆえ突拍子もない伝説を作り上げてさらに嫌いになってしまうという悪循環に陥っているのであろう。

↓それにしてもカメレオン、可愛過ぎる。
cam2.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。